3分でわかる織田信長の歴史 > 織田信長の家臣・小姓

織田信長の家臣・小姓

織田信長と森坊丸・森力丸・森千丸

織田信長の小姓(こしょう)で「森」といえば、蘭丸があまりにも有名ですよね。ちなみに写真は森可成となり、蘭丸や坊丸達のお父さんです。 しかし、美濃国の斎藤道三によって主君・土岐氏が滅ぼされた後、信長に仕えた森可成の息子たちは、蘭丸以外にも小姓…


織田信長と松永久秀

優秀な松永久秀 松永久秀(1508年~1577年11月19日)は大和国の戦国大名で、松永弾正という呼び方の方が広く知られているかもしれません。 久秀の出自はわかっていません。一説では美濃国の斎藤道三と同郷の出身だと言われ、この久秀は非常に優…


簗田政綱は織田家に仕えた謎の家臣

簗田政綱は信長の家臣 生年不詳、出自もよくわかっていない簗田政綱。没年は1579年と伝えられているようですが真実はわかりません。 織田信長の家臣であり、桶狭間の戦いでは敵将の首をとった武将よりも信長から高い評価を受けたといいます。 それは政…


織田信長と竹中重治(半兵衛)

竹中重治は斎藤氏の家臣 竹中重治(1544年9月27日~1579年7月6日享年36歳)は、美濃国の斎藤氏の家臣で御堂城城主・竹中重元の子。 1559年に父・重元が菩提山城を築城したことで居を移したため、それに従い現在の岐阜県不破郡へと身を移…


織田信長と細川藤孝(幽斎)

幕臣だった細川藤孝(幽斎) 細川藤孝(1534年6月3日~1610年10月6日)は、和泉半国の守護・細川元有の子で三淵氏の養子となっていた三淵晴員の次男として京都の東山に誕生しました。 1540年7歳の時に伯父で和泉半国の守護・細川元常の養…


織田信長と前田利家

前田利家は槍の名手 前に「利家とまつ」というドラマがありましたが、戦国時代の槍の名手で「槍の又左」の異名をとった豪傑・前田利家。彼は幼い頃から織田信長に仕えていました。 ちなみに前田利家の幼名は前田犬千代です。利家は信長より3歳年下であった…


織田信長の家臣たち

弥助 生没年不詳 この弥助は、戦国時代に日本へ来日した宣教師が連れてきた人物で織田信長への献上品だったそうです。 弥助は黒人で信長は彼をたいそう気に入り、そのまま自らの家臣として召し抱え、気に入り過ぎていずれは城主にしようとしていたとも言わ…


織田信長と柴田勝家

柴田勝家は織田家の重鎮 柴田勝家は信長の父・織田信秀の時から織田家に仕えていた家臣で、信長が織田家の家督を相続した頃には織田家の重鎮となっていました。 1551年、主君であった信秀が死去すると信長の弟・信勝(信行)の家老として織田家に仕えま…


織田信長と池田恒興

池田恒興は織田家の重臣 織田家の重臣・池田恒興(いけだつねおき)は池田恒利と養徳院の間に生まれ、幼いころから小姓として織田氏に仕えていました。 母の養徳院は織田信長の乳母であり、織田信長と池田恒興の関係は乳兄弟にあたり、信長の方が2歳ほど年…


織田信長と森蘭丸

織田信長とセットでついてくるのが森蘭丸ですよね。ご一緒にポテトはいかがですか?みたいな感じで、織田信長と言えば森蘭丸、森蘭丸と言えば織田信長です。 森蘭丸は織田信長の小姓ですが、実際はどんな人物だったのでしょう。いつも一緒なんて元腐女子とし…