3分でわかる織田信長の歴史 > 織田信長と戦国武将

織田信長と戦国武将

織田信長と松永久秀

優秀な松永久秀 松永久秀(1508年~1577年11月19日)は大和国の戦国大名で、松永弾正という呼び方の方が広く知られているかもしれません。 久秀の出自はわかっていません。一説では美濃国の斎藤道三と同郷の出身だと言われ、この久秀は非常に優…


織田信長と竹中重治(半兵衛)

竹中重治は斎藤氏の家臣 竹中重治(1544年9月27日~1579年7月6日享年36歳)は、美濃国の斎藤氏の家臣で御堂城城主・竹中重元の子。 1559年に父・重元が菩提山城を築城したことで居を移したため、それに従い現在の岐阜県不破郡へと身を移…


織田信長と細川藤孝(幽斎)

幕臣だった細川藤孝(幽斎) 細川藤孝(1534年6月3日~1610年10月6日)は、和泉半国の守護・細川元有の子で三淵氏の養子となっていた三淵晴員の次男として京都の東山に誕生しました。 1540年7歳の時に伯父で和泉半国の守護・細川元常の養…


織田信長と浅井久政

家督を相続した久政 浅井久政(1526年~1573年9月23日)は、浅井長政の父で1542年に勇猛であった父・亮政が死去したことにより家督を相続しました。 しかし、久政は庶子(しょし)であったため、亮政は正室との間に生まれた娘・海津殿の婿で…


織田信長と前田利家

前田利家は槍の名手 前に「利家とまつ」というドラマがありましたが、戦国時代の槍の名手で「槍の又左」の異名をとった豪傑・前田利家。彼は幼い頃から織田信長に仕えていました。 ちなみに前田利家の幼名は前田犬千代です。利家は信長より3歳年下であった…


織田信長と武田勝頼

武田勝頼が家督を相続 武田信玄と諏訪頼重の娘・諏訪御領人との間に誕生した庶子で信玄の四男となる勝頼は、当初諏訪氏を継いで高遠城の城主を務めていました。 しかし、信玄の嫡男である義信が1565年10月に信玄暗殺を企図した謀叛に関わったとされ、…


織田信長と柴田勝家

柴田勝家は織田家の重鎮 柴田勝家は信長の父・織田信秀の時から織田家に仕えていた家臣で、信長が織田家の家督を相続した頃には織田家の重鎮となっていました。 1551年、主君であった信秀が死去すると信長の弟・信勝(信行)の家老として織田家に仕えま…


織田信長と池田恒興

池田恒興は織田家の重臣 織田家の重臣・池田恒興(いけだつねおき)は池田恒利と養徳院の間に生まれ、幼いころから小姓として織田氏に仕えていました。 母の養徳院は織田信長の乳母であり、織田信長と池田恒興の関係は乳兄弟にあたり、信長の方が2歳ほど年…


織田信長と上杉謙信

信長と謙信の関係 尾張を中心に勢力を拡大していた第六天魔王・織田信長と、越後を中心に勢力を持ち軍神と呼ばれた上杉謙信。歴史上であまり相まみえることがない二人ですが、どのような関係だったのでしょうか。 東美濃へと武田信玄が侵攻して紛争が起きて…


織田信長と浅井長政

戦国武将の浅井長政を知っていますか?北近江を治めていた戦国大名浅井氏の3代目当主です。悲運にも浅井家最後の当主となってしまいました。 織田信長の妹・お市の方を妻にし、織田とは同盟を結びますが最期は信長と対立し自害してしまいます。私は長政に対…